Itaru Imayoshi, Ph.D.

 

わたしが実験を行わせて頂いている京都大学ウイルス研究所影山研究室では、大学院生を随時募集しております。影山研では、マウスをモデル生物として使用し、成体脳ニューロン新生をはじめとして、胎児期の神経発生についても活発に研究が行われています。特に、bHLH型転写因子(Hes、Neurogenin、Mash1など)とそのダイナミックな発現振動が担う役割に注目して解析が行われています。手法としては、ノックアウトマウスやトランスジェニックマウスなどの遺伝子改変マウスを積極的に開発・作製し、個体レベルでの解析を行うとともに、培養細胞を用いた分子レベルの解析まで総合的に研究がなされています。

成体脳ニューロン新生の研究においても、神経幹細胞や新生ニューロンを特異的に遺伝子操作できる様々な遺伝子改変マウスを開発し、個体レベルでニューロン新生が高次脳機能に果たす役割を解明することを目標としております。これらのマウスを用いて、解剖学的解析、行動学的解析、電気生理学的解析、ライブイメージグ解析など様々なアプローチで、ニューロン新生の研究に取り組んでいます。

ご興味を持たれたかたは、

影山研のホームページをご覧になってください。

                          

大学院生募集(影山研)

(随時見学可能です。)

SKプロジェクトへの参加について


京都大学医学研究科・

メディカルイノベーションセンター・SKプロジェクト・  

神経新生研究グループ(今吉チーム)

への参加については、こちらを参照してください。

神経発生の視点からの、創薬・基礎医学研究を推進する

予定です。(H25年4月〜)

 
inserted by FC2 system